アウトドア快適Life

アウトドアや普段使いに使える便利グッズやおススメ道具を紹介&検証します。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

エコなキャンプ ケトル編

キャンプやアウトドアで調理やお湯を沸かす時に必ず使うのは燃料ですよね?

ガスバーナーや固形燃料など多種多様な燃料がありますが
今回、おススメするのは 

自然燃料でまかなう調理器具!です。

そう!いわゆる ネイチャーストーブ
自然燃料というのは主に、小枝や松かさなどなど その辺に落ちているものを使います。
さて、自然燃料を使い調理やお湯を沸かす道具はどんなものがあるのでしょうか?

ケトル(やかん)なるものを見つけたのですが 調べてみるとこれまた
色んなメーカーから売り出されているのです。
どれにしようか?迷ってしまいますけど 性能は殆ど変りませんので
後はお好みで^^

まず、紹介するのは アイルランド生まれのケリーケトル

大きさもそれぞれのものが売られています。
素材はアルミとステンレスの2種類。

無題 (500x400)

11780001000000_common (500x500)

お湯を横の穴のキャップを外し注ぎ込みます。

p_4.jpg

最初の1、2回はワックス除去のため沸騰させお湯を捨てた方が良いみたいですね。

p_5.jpg

小枝や、松ぼっくり、割りばしなどの燃料を入れます。

p_7.jpg

ケリーケトルの構造はこのような仕様になっています。

kelly_imgnew.jpg

どのメーカーも同じしくみでお湯を沸かしたり調理できるようになっています。
細かなパーツや形でメーカーの個性があるようですね。

無題2 (526x200)

調理をするときは、細かなパーツを組み合わせて自然燃料を燃やして使用します。

p_9.jpg

お湯を注ぐときは チェーンを持ちこんな感じで注ぎます。

1,5Lのお湯が2分~3分で沸くそうです。思ったより早く沸くのですね。
また、燃料を入れすぎても不完全燃焼を起こしてしまうので 火の様子を見ながら
燃料を入れていかなければなりません。

普段なら面倒とも思える作業ですが キャンプなら火のお世話が逆に
面白くも楽しくなるのではないでしょうか。

*只今、どのShopでも1,5Lのケトルは在庫を切らしているようです。
 0,5Lなら手に入るかとは思いますが、また入荷されるようなら
 大きめのをおススメします。

性能はどのケトルも同じですが、他メーカーのケトルはこんな感じです。

ウルトラライトケトル mケトル
560_BPL_mkettle (559x372)

こちらは ケトル本体にそのまま素手で持てるようにスリーブが巻いてあります。

560_CIMG0957.jpg

560_P4050134.jpg

560_photohast1 (560x560)

ただ、注ぎ口がただの穴なので コーヒーなどお湯を注ぎ込むときに
こぼれる可能性があるのが難かもしれません。


ストームケトルもあります。 性能はほぼ同じですね。

無題

ペトロマックスの ファイヤーケトル

011_1 (640x640)

メーカーによって注ぎ口や全体のフォルムに違いがあります。
注ぎ方や手持ちがそれぞれ違うので好みに合わせて選ぶと良いかもしれません。











スポンサーサイト

 

« »

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

縞さくら

Author:縞さくら
アウトドアを快適に過ごすための道具や
普段使いに便利なモノたちを紹介します
実際に使ってみての検証や感想なども
リアルで参考になること必見です!

楽天
月別アーカイブ
忍者ツール
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
快適キャンプギア
快適登山ギア
快適普段使いグッズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。